実話がベースだという

実話ベースの物語

ピザボーイ 史上最凶のご注文という作品をただのフィクションとして見られるのなら良かったが、それが実はそうもいかないのです。何故かといえば、何とこの話はアメリカで実際に起こった実話をベースにした事件を題材にしているからだ。日本にも度々実話の事件をベースとして映画作品が作られることはある、けれどその殆どがあまりに容疑者となる人物を憧憬しているかのような表現が見られるため、公開しても評判は良くない。映画の内容そのものは完全にコメディ口調で形成されていますが、実際の事件は正直笑いどころのない結末を辿っているのだ。

その事件が起こったのは2003年のこと、アメリカのペンシルバニア州にある田舎町イーリーにて突如として銀行強盗事件が発生する。犯人はピザの配達人であるブライアンという男性、無事に行員から金を奪って銀行を出ようとした瞬間、彼の頭部は木っ端微塵に吹き飛んだ。首に仕掛けられていた時限式の爆弾が起動したと見られているが、後々浮かび上がってきたのは、ブライアンは生前自分は被害者に過ぎないと装おっていたが、彼の友人女性あるマージョリーが共謀して犯行を行ったのではないかという憶測が立てられたのです。

その後次々と明らかになった犯行の記録が指し示したことで、彼女の仕業であることが明らかになったものの、この事件そのものが全米を揺るがす衝撃的な事件になったことを知っているだろうか。

実話の映画

生中継されていた

この事件の恐ろしいところといえば、銀行強盗を企てた男性は当初あっさり捕まってしまい、平和な田舎町で巻き起こった事件は解決したかに見えた。けれど容疑者の首に巻かれた首輪が時限式の爆弾で、しかもトリップキーの操作によって発動すると警察に言ったのです。体のいい言い逃れだと最初は誰も思った。けれどあまりに必死過ぎる嘆願に警察が爆弾処理班の出動を要請、その真相を解読しようとしたときだった。

爆弾処理班が到着する直前、犯人であるブライアンの首が本当に爆発して頭部が四散してしまう。そこまでならまだいいだろう、問題はその映像が全米に『生中継』されていたという事実が大問題だった。変哲のない田舎町で起きた残虐極まる事件、風に流れて聞こえてくるだけならともかく、リアルタイムで人の首が爆発してしまったとなればまた話は違ってきます。

見ている人は老若男女、時間帯などを鑑みてもただ流してテレビを見ていただけの人にとってスリルを通り越したグロテスクな映像がお茶の間に流れたのです。もし子供が見ていたら泣きわめくだろう、人によってはパニックを引き起こしかねないし、あるいはPTSDという精神障害を発症させるかもしれません。

映画でこそコメディで描かれている風刺作品だが、リアルに題材となった事件を見ると非道を通り越した人間の所業とは思えない残忍な事件に唖然としてしまいます。今でもこの当時の映像は見られるようだが、相当危ない映像となっているので見るときは心の準備が必要だ。

犯人のその後

全米を一気に恐怖へと貶めたこの事件、当たり前だが田舎町の警察で請け負うことの出来ない案件として、事件発生から翌日にはFBIの管轄に組み込まれることとなった。平凡で何もない、のどかなカントリータウンだった街を突如として戦慄させた事件と思うと、住民の不安も隠せなかっただろう。

マージョリーという女性が最終的に逮捕され、数年後しの捜査の甲斐あって事件の証拠となりうる物証を見つけて起訴することに成功するも、彼女自身は未だ無実の罪だと訴え続けているという。ちなみに突如として巻き込まれたブライアン、30年間しがないながらも真面目に仕事を勤しんでいた男性に対しては一言、使えないといいのけたことも伝説として語り継がれている。

典型的な例

劇中ではドウェインとトラヴィスの両名が犯罪に手を出さずして大金を手に入れられるようにする、そう考えてニックを利用したわけだが、事実もそうだというから奇っ怪だ。何一つ変わらない日常を過ごしていたのに、突如として非日常のいうことを聞かないと殺される世界へと落とされたブライアンという男性の気持ちがいたたまれる。死にたくなかったから銀行強盗をした、自分も被害者だと必死で訴えても事実として強盗をした罪は変わらない。犯罪者の言葉など信用するに足らず、そう思い込んだ警察の意図が本来死ぬはずのなかった男性を殺してしまった。

たった一人の女性が金目的で起こした行為で1人の人間の命と、全米で暮らしている人々の安寧とした時間を壊した罪は大きい。

見てよかった映画特集

凄いの一言

こうした展開は正直読めない、実話ベースの映画だからといってここまで痛烈に笑える作品を作り出してしまうのだから、大したものだ。もし日本で事実に起こった事件をベースとする映画は、基本的に事実に即してノンフィクション調のフィクション作品に仕立てなくてはならない。改変して全く面白おかしくなどしたら不謹慎極まりないと糾弾されるところだが、アメリカではそうでもないようです。

感動物の作品を映像化している作品を連想する人も多いですが、アメリカではこうした全く笑えない実話の事件を180度内容転換して映像作品にしてしまうところが、日本との映像化による差といえるでしょう。

やっぱりフィクションが好き